ぽれぽれっと。

出会いがしらに感じたまま。
へっぽこヴォーカリストの日々徒然。

■過去ログ(2004年8月〜2009年12月)
http://lala-tambourine.dreamlog.jp/
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
■ 消去法の先にある未来

例えば就職活動で

不採用というNGをくらうのは

その会社に入ったらあったかもしれない

その先の可能性が消えてしまうということ。

 

半世紀以上生きて来た私の

あとどれだけあるかわからない

これから先の人生にとっても

仕事というものを抜きには出来なくて

 

だからそのうち決まるはずの新しい仕事が

私のこの先の生活を大きく左右することに

疑う余地はない。

 

どんな仕事に就くことになるのか

どんな生活が始まるのか

どんな未来がやって来るのか

 

不採用が一つ増えていくごとに

茫漠とした未来も

少しずつ焦点が絞られていく。

 

まだ何も見えないけれど

花子とアンのブラックバーン校長の言葉を思い出して

未来を楽しみにしていたい。

 

The best things are never in the past,

but in the future.

 

hydrangea

| comments(0) | - | 22:45 | category: ひとりごと |
■ 我が家のアイドルたち。

我が家のアイドルは観葉植物たち。

 

年末年始を挟んだ引越しで

かなりダメージを与えてしまって

心配していたのだけど。

 

どれだけ心配でも

肝心なのは放置プレイ。

 

春が来て梅雨を迎えて

プー太郎の主人はどんよりでも

彼らは俄然元気を取り戻してるみたい。

よかった♡

 

そんなわけで全員をご紹介。

 

■引越し直前のみんな

引越し直前

 

 

■ヒメモンステラ

一番元気でモリモリ育ってたのに

(引越し前写真の左側)

引越しであわや全滅かという状態に。

ギリギリ残った一枝から発根しました。

ちゃんと割れた葉っぱが出てくれるといいけど。

ヒメモンステラ

 

 

■ポトス

一人暮らしを始めてすぐに私の元にやって来た彼。

もう26年経つのだなぁ。

引越しで半分が枯れてしまったけど

その枝が発根してくれたのでまた増やせるかな。

ポトス

 

 

■サンセベリア

これ2年くらい前に100均で買ったのだよね。

2枚葉がヒョロ高くなってたけど

こっちに帰って来てから

たくましい感じになって来ました。

サンセベリア

 

 

■ガジュマル

これも100均で買ったやつ。

10年くらい経ってると思うけど

鉢替えもしていないから大きくはならないな。

葉が茂ったり落ちたりの繰り返しです。

ガジュマル

 

 

■ウンベラータ

引越し前はあんなに葉っぱあったんだなぁ。

(引越し前写真の中央)

引越し後は葉っぱが全部落ちて

ただの棒になってたけど

色艶のいい葉が出て来て一安心です。

ウンベラータ

 

 

■モンステラ

引越しのダメージが一番少なかったのは

やっぱり大きいからかな。

これももう10年くらいたちます。

買った時はちゃんとモンステラらしく

葉っぱが割れてたのに

今はただの里芋科の植物です(T_T)

モンステラ

 

※買った頃

モンステラ買った頃

 

これからもよろしく。

 

 

| comments(0) | - | 14:50 | category: Green & Flower |
■ 何が起こっている?

3月末頃から、思いもよらず体調が悪化して

結局入院とかにはならなかったのだけど

2ヶ月近く通院以外何も出来ない状況に陥っていました。

 

口内炎から始まって

口の中全体が炎症を起こして

それが喉と食道のあたりまで広がって

2週間近く食べることができなくて

38度台の熱が下がらなくなって

足の甲から皮疹が出始めて

それが全身に広がって

全身が赤紫の紅斑に埋め尽くされて

それが枯れて全身脱皮が始まって

手のひらは水疱から皮むけして

しばらく頭や耳から汁が出続け

それがおさまった頃から髪の毛が大量に抜け始め

唐突に蕁麻疹が起こったり

 

 

シェーグレン症候群が暴れ出したのだろう

とか

薬疹だろう

とか

ステロイドの内服が始まったことでの副作用かも

とか

 

何が原因なのか

どうすればこの苦しさから抜け出せるのか

 

いつかは終わるはずと思いながらも

今この瞬間の辛さがあまりにも激烈で

母に迎えにきて欲しいと願うほどで

 

アルツハイマーの父は

そんな私の状況が受け入れられなかったのか

酷い暴言を私に投げつけたこともありました。

 

叔母や友人たちの助けで

なんとか命を繋いだような

そんな4月でした。

 

ステロイド内服のコントロールで

繰り返していた皮疹もやっとおさまってきて

その落ち着いた状態がやっと安定してきて

5月末にようやく就職活動を再開しました。

 

しかし

自分の体の中で一体何が起こっているのか?

 

去年の膵炎からたくさん飲んでいた薬は

薬疹の疑いで全てやめたのだけど

それでも皮疹を幾度か繰り返して

原因は薬ではないのでは?ということになり

血液検査で抗DNA抗体が陽性になっていることが判明。

全身性エリテマトーデスの疑い

という診断が出ました。

 

全身性エリテマトーデスだと考えると

今回の諸症状が全て腑に落ちる

と主治医は言いました。

 

病名が何であれ

理由がわかってホッとしました。

 

まだまだ「疑い」なのだから

病気の入り口にいる状態。

全身性エリテマトーデス(SLE)で

どんな症状が出る可能性があるのか

その対処法、治療法は

どの程度確立されているのか。

 

シェーグレン症候群との付き合いが

もう13年目になるので

自己免疫疾患(膠原病)がどういうものかは

ある程度わかっているけれど

シェーグレンとはまた違った側面もあるだろうし

勉強し直してみようかなと思う。

 

でも

必要以上に恐れる必要はない。

 

今、ステロイド内服は

プレドニン換算で5mgで安定した状態。

減らせるなら嬉しいけど

あの辛さがぶり返すのはイヤ。

5mgの維持で今の状態が続きますように。

 

 


 

 

| comments(0) | - | 19:25 | category: カラダのこと |
■ 持病の話。

実家へのUターンで何が困ったかっていうと病院のこと。

病院嫌いで大病もせずな私だったのに、気がつけば病院と縁が切れなくなっている。

 

福岡で3つの病院に定期的に通院をしていて、その転院先を見つけなきゃいけないのだけど、やっぱり福岡に比べて病院が少ない。

人口比率でいっても仕方ないことなのだけど。

結局、眼科と婦人科は結論が出せず、当面は福岡に通院することにした。

 

ただシェーグレン症候群と膵炎の予後についてはさすがに福岡というわけにいかない。

叔母の友人に膠原病の専門医を教えてもらったので、そこへ通うことにした。

 

なんだかなぁ...

こんな風に持病の一つ一つ、それぞれに病院を探さなきゃいけないっていうのがすこぶる面倒くさい。

イギリスみたいな総合診療医のシステムだったらいいのにな。

 

◆  ◆  ◆

 

で、新しい病院で久しぶりにシェーグレン症候群の血液検査をしたのだけど...

数値がぶっ飛んでいた。

 

抗核抗体:1,280倍

抗SS-A抗体:1,200.0以上

抗SS-B抗体:1,000.0以上

 

医師曰く「果てしなく高い」とのこと。

「以上」ってことは、検査できる上限値を振り切っている、ということか。

でも、だからどうなる、ということはわからない。

 

2006年の発覚当時しっかり4,000台あった白血球数が、2年くらい前から2,000も切っていて、今回は1,700。

細菌やウイルスと戦う力が弱いから、感染症やこれからの季節は食べ物にも気をつけるようにとのこと。

口内炎が出来るとなかなか治らなかったりするのもこのためらしい。

 

SS-A,SS-B,Ig-Gと白血球数減少の関係もしっかり説明してくださって、頼りなかった前の医師よりはいい感じ。

 

原因のわからない難病には予防も治療もない。

あるのは発現する症状への対症療法と、「心がけ」とか或いは起こりうる事態に対する「心の準備」みたいな茫漠としたものだけ。

だからこそきちんと相談できる医師が必要なのだと改めて思う。
よろしく先生。

 

 

※ちなみに2011年の数値

抗SS-A抗体:151.0

抗SS-B抗体:93.8

 

◆  ◆  ◆

 

あと緑内障のこと。

 

一昨年の夏頃、テレビの健康番組でやってた緑内障を見つける周辺視野テストで気づいて、母や叔母も緑内障だったから早く眼科に行かなきゃと思いつつ、ようやく去年2017年3月、眼科に行って検査をしたらやっぱり両眼とも緑内障になってた。

右のほうが重症。

 

緑内障の治療は、眼圧をコントロールして進行を抑えること。

死んだ視神経は二度と戻らないのだ。

 

目薬キサラタンを1日1回点眼、それだけだ。

 

点眼後2〜5分くらい目頭を押さえて目を閉じてなきゃいけないので、外郎を売っている。

私の「外郎売り」はだいたい4分くらいだからね、ちょうど良い。

 

叔母の緑内障は重症で、何度か手術したけど進行がなかなか抑えられず、中心部の視野欠損が広がっている。

発症から10年くらいで進行が激化し始めたという。

とにかく真面目に点眼を続けなきゃ。

 

前回、2月の通院時の眼圧は両眼とも10。

よくコントロールできているとのこと。

 

◆  ◆  ◆

 

そして婦人科について。

 

2016年9月に受けたガン健診で「子宮頸部異形成」と診断されて、以後、細胞診などの経過観察を続けていたのだけど、直近2017年7月の段階でまだ消えていなかった。

その次の検査が2017年12月の予定だったけど、実家への移転などでキャンセルしたままになっている。

さて、福岡での検査を続けるか、こちらで病院を探すか、放置するか。

やっぱり放置はまずいだろうなぁ...

 

 

以上、今日は重めの話でごめんなさい。

 

| comments(0) | - | 01:03 | category: カラダのこと |
■ 浦島太郎な日々。

引越し荷物もどうにか8割がた納まって、

父との生活にも少しずつ慣れてきて、

そんな感じの今日この頃、

ようやく雇用保険の給付手続きに。

 

しかし、

市内にあったはずのハローワークが、ない。

 

隣の市まで行かなきゃいけなくなったらしい。

それがまた分かりにくい場所で。

 

何をするにもどこに行くにも

浦島太郎感を味わうことばかり。

 

建物が綺麗になっていたり

店が変わっていたり

広い道が出来て景色が変わっていたり

 

昔々私はここでどうやって生活していたのだろう。

 

玉手箱は開けていないのに

白髪がどんどん伸びてくる。

 

 

 

| comments(0) | - | 22:03 | category: Diary |
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Log
2004年8月〜2009年12月
ドリコム分(ライブドア)
Search this site
Sponsored Links