ぽれぽれっと。

出会いがしらに感じたまま。
へっぽこヴォーカリストの日々徒然。

■過去ログ(2004年8月〜2009年12月)
http://lala-tambourine.dreamlog.jp/
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
■ スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
■ 明けましたらあっという間に。
写真.jpg
気が付けばもう1月8日。

この年末年始は久しぶりに
実家でゆっくり4泊もして
さすがに休み疲れた感もある9連休。

6日は仕事始めとはいっても
松の気分なんて味わう間もなく
朝から上司は挨拶回りに出て
一人ぼっちのオフィスで
普通に月初のバタバタで。

1月は行く
2月は逃げる
3月は去る

あっという間に新年度がやって来るんだろうな。
まだ4月以降の身の振り方は
はっきりしないのだけれど。

どうなるのかな。

考えるべきことは山ほどあって
すべきことも山ほどあって
読みたい本も積み上がっていて
だけど全然追いついてない。

でも逃げることも出来ないしね。

目の前のもの一つ一つ
山崩しみたいに少しずつ
向き合って片付けていくしかない。

いい方に向かっていると信じて。


何はともあれ
今年もよろしくお願いします。
| comments(0) | - | 00:04 | category: ひとりごと |
■ 春に思う。
130308_122515.jpg
久しぶり過ぎて何を書けばいいのかわからない。
でも広告が出るようになっちゃったし
春の陽射しが優しいから
思い付くまま少し書いてみる。

理由は色々あるようなないような。
ただ、要するに家を片付ける時は玄関を閉めるでしょ?
少なくとも私はそうだから。

そんな感じで、開け広げていたものを一度閉じてみようと。
心の中のごちゃごちゃを片付けるために。

まだまだ道半ばな感じだけれど、
でも年明け頃に較べたら
随分とすっきりしたかなぁ。

片付けるべきものはまだまだたくさんあって
考えなきゃいけない問題もたくさんあって
これから自分がどうなっていくのか
不安も山ほどあって。

それでも移り行く季節が見せる折々の表情に
心を留めるすき間は持ち続けていたい。

道端のたんぽぽに
微笑める自分でいたい。
| comments(0) | - | 12:20 | category: ひとりごと |
■ 美容院つれづれ。
121212_152937.jpg
今、行きつけの美容院がない。
3年前、それまでの約8年切り続けてくれていた
バンド仲間の美容師が亡くなってから。

それ以来どこに行っても続かない。
原因はそれぞれなんだけど
だいたい2〜3回通ってみるとNGになる。

髪切るときってさ、
無抵抗な形で頭だけを差し出すんだよね。

刃物を持った人に
てるてる坊主みたいな姿で。

だから信頼が持てなければ続かない。
好きになれなければ通えない。


新しい美容院に行くたび
今度こそ長く付き合える美容師に
出会えるかなぁと期待するのだけど…

前回。
若いけど一生懸命だしって
期待してリピートした2回目。
知識がないのか技術がないのか、
とても残念な施術で激しく髪が傷んでしまった。

私はもう何年何回何人に
同じ施術を受けてるのだろう。
いろんなことが鏡越しに見えてしまうのだよね。

二度と行かない理由を教えてあげれば
少しはお役に立てるのかなと思うけど
そこまでの愛情は残念ながら持てない。

残念ながら。


そして今日もまた
博打のような気分で目星をつけた
初めての美容院に足を運ぶ。
てるてる坊主になりに行く。

今度こそ、今度こそ、
長く付き合える美容師と出会えますように。
| comments(0) | - | 20:32 | category: ひとりごと |
■ 野菜のチカラ。
121101_181852.jpg
八百屋に行くとなんだか元気になる。

晩ご飯作る気力がないなぁって時も
野菜を手にとって選んでいると
いつの間にか無心にメニューを考えて
ワクワクしたりしている。

野菜に元気をもらっているのかな。

スーパーじゃそうでもないの。
野菜はやっぱり八百屋だね。
| comments(0) | - | 13:00 | category: ひとりごと |
■ センサー不良。
120928_111551.jpg
最近向かってくる人を
うまく交わせなくなった。

右に避けようとしたら相手も右に
左に避けようとしたら相手も左に

で、しばしフリーズしてしまう。

ちょっと前までもっとすいすい進めていた気がするのにな。
何かのセンサーが働かなくなったのか。

色々ガタがくるお年頃です。


まだまだ陽射しは強くて影も濃い。
今日は特に暑いね。
| comments(0) | - | 12:05 | category: ひとりごと |
■ ケンカまでの距離。
120818_111914.jpg
父とケンカをした。

何でもないことで大人気なく
意地の張り合いみたいに。

だけどわかっている。
ケンカ出来るのは揺るぎない絆があるから。
そして
相手が弱っていないから。


誰かとケンカ出来るようになるまでに
相当な月日がかかる。

腹が立つという剥き出しの感情をぶつけたら
関係が壊れてしまうんじゃないかという不安が
少々のことを抑え込んでしまうから。


人と人の関係は、
ケンカ出来るようになって
やっと一丁前なのだろうと思う。

でもなかなか上手くいかないね。

ケンカの仕方は
ちゃんと訓練すべきことなのかもしれない。

近しい大切な人との絆を
深めるためのケンカのしかたを。


どうでもいい人には腹も立たないのは
きっとその人が何をしようがどうでもいいから。


もしも私が
下手なケンカを吹っかけた日には
遠回しな愛情だと思って
受けて下さると幸いです。
| comments(0) | - | 10:22 | category: ひとりごと |
■ 名前と肩書き。
 肩書きを持たずに生きるということ

20歳の頃のある一期一会の中で
そんな生き方に衝撃と感動を覚えた
自分もそんな風に生きられたらと思った

それ以来ずっと
その思いを持ち続けて生きてきた


問われない限り名前しか言わないのは
相手にとってとても不便なことなのだと思う

だから
誰かの何々という立場だけで呼ばれることも
生業から不本意なカテゴライズをされることも
慣れてはいる
慣れてはいるけどね

でも私には名前があります

生業としての仕事は持っているけれど
私の軸はそこには置いていないのです



肩書きを持たず名刺を渡さず
名前だけで生きるというのは
ある意味ささやかな抵抗なのかもしれない

何に対してだかわからないけれどね

ただ
やっぱりまだまだへっぽこだから
そのことがもたらす結果に
気持ちを掻き乱されることも少なくない

何者かと問われたとき
笑顔で何者でもないと答えられる境地に
早くたどり着きたい
| comments(0) | - | 13:10 | category: ひとりごと |
■ 癒える疵、癒えない傷。
120723_092843.jpg
やっと梅雨があけたらしい。

先週は口の中をおおやけどして
食べるのもしゃべるのも寝るのもつらくて
地獄のような毎日だったけど
それもようやく癒えてきた。


だけど

近頃のいじめ関連の報道を見聞きするたび
遠い記憶が苦い汁をにじませる。

消去ボタンを押したはずなのに。


小学校の同級生と
一切の付き合いがない理由。

人からのちょっとした拒絶を感じた瞬間
怖くて自分からは近寄れなくなる理由。


自分は人に嫌われるという恐怖と不安。

10歳の頃からずっと解けない呪縛に
いまだにがんじがらめのまま。


梅雨は明ける。
身体の疵は癒える。
いじめもいつかは終わる。

でも心の中にどうしても
消えない癒えない何かが残っている。



家で一人じっとしているのが
一番安心出来る過ごし方。
| comments(0) | - | 16:54 | category: ひとりごと |
■ cocoon。
120624_151126.jpg
どれだけ言葉を尽くしても
何も伝わらない気がする


しばらくは雨の繭で
外の世界から守られていたい
| comments(0) | - | 16:47 | category: ひとりごと |
■ 強くなりたい。
120529_122615.jpg
優しい人であるために。
おおらかな人であるために。
| comments(0) | - | 18:32 | category: ひとりごと |
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Log
2004年8月〜2009年12月
ドリコム分(ライブドア)
Search this site
Sponsored Links