ぽれぽれっと。

出会いがしらに感じたまま。
へっぽこヴォーカリストの日々徒然。

■過去ログ(2004年8月〜2009年12月)
http://lala-tambourine.dreamlog.jp/
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
■ スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 七回忌。 | main | 半年…気づけば読書の秋。 >>
■ いとこの距離感。
写真.JPG
横須賀から車で16時間、
叔父といとこ一家が実家にやって来た。

会うのは4年ぶりくらいだけど
みんなで山口まで来てくれたのは私たちが子供の頃以来
おそらく30ン年ぶりなんじゃないかな。

父の兄弟も母の姉妹もみんな
てんでバラバラの土地にいて
いとこ達と会うのもしゃべるのもいつも
ホントに何年ぶりかってことばかり。

子供の頃は再会してもしばしの間
人見知りな時間があったりしたけれど
大人になるとその時間が必要なくなって
会えばすぐに打ち解けた会話ができる。

一人っ子の私にとっていとこ達は
とても大切な存在。

たまにふっと、どうしてるのかなと思うくらいで
特別何をするということもないのだけれど。

とうとう子供を持つことも出来なかったから
いつか父を見送るときがきてひとりぼっちになったとき
それでも血のつながった人がいると思えることは
やっぱり心のよりどころになるのだと思う。

そんなこんなで今回、
すっかりしっかり母になった従姉妹は
眩しくて頼もしくて嬉しくなった。

しかし人見知り年齢まっただ中の娘っちには
どう声をかけていいかもわからず
少し離れたところから興味深く観察するばかり。

私も相当な人見知りの子供だったから
話しかけられることの戸惑いがわかるだけ余計に声かけられなかったりもして。

ま、彼女がもっと大人になれば
少しは話せるようになるでしょ。

そして30ン年前にみんなで一緒に行った
秋芳洞と秋吉台へ。

やっぱり親族ならではの珍道中で
笑える思い出がまたひとつ増やせたかな。
写真も早くちゃんとプリントしてみんなに送らなきゃ。

3日間、父も嬉しそうで楽しそうでよかった。
来てくれてホントにありがとうね。

写真.JPG
 
| comments(0) | - | 19:18 | category: 父。母。 |
■ スポンサーサイト
| - | - | 19:18 | category: - |
コメント
コメントする









Selected Entry
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Log
2004年8月〜2009年12月
ドリコム分(ライブドア)
Search this site
Sponsored Links