ぽれぽれっと。

出会いがしらに感じたまま。
へっぽこヴォーカリストの日々徒然。

■過去ログ(2004年8月〜2009年12月)
http://lala-tambourine.dreamlog.jp/
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 半年…気づけば読書の秋。 | main | 年の瀬に想う。 >>
■ 健診結果がやって来た。
141018_100415.jpg

やっと来た。

会社を変わったら強制度がUPして
9月に久しぶり4年ぶりの健康診断を受けたから
結果を首を長〜くして待っていたのだ。

結論から言うと、ほぼ予想通り。
白血球数でE判定「要受診」

・・・のみ

のみ、なのだった。

6月末の胃の激痛の形跡が何か出るかと思ったけど
バリウムも飲んだけど異常なし。
CRPも正常値に戻っている。

あの時一体何が起こっていたのだろうね。
結局すべての真相は薮の中...まぁいいか。
我が身の回復力、恐るべし。

乳がん2種&子宮頸がん検診も異常なし。
ちょっとドキドキのメタボも非該当。
視力が下がってD判定だったけどメガネはもう作ったしね。

要するに引っかかったのは血液検査項目の
主治医の定期検査で出ている膠原病的数値と同じ
言ってみれば「安定的な異常」だけ。

まあほぼ健康ってことでめでたしめでたし。

白血球数が少ないことについては
もう3〜4年ずっと2000台という低値が続いていて
主治医のところで次回12月に詳しく調べることになっている。

ググったら2000あればまあギリギリOKみたいなので
あんまり心配していないのだけどね。

悩んだところでどうしようもないし。

あ、そういえば一つだけ
主治医が「血沈が高い」とボソッと言って
血液検査の結果票に書き込みをした。

血沈 18mm/h

炎症反応の有無がわかる・・・らしいけど何だろうね。

だからどうだとか、どうしろとか、どうするなとか、
膠原病=免疫異常というのは
そういうのが明確でないモヤモヤっとした病気のようで。

相変わらず痛くも痒くも何ともないから
カラダの中の状況を知る手段は血液検査の数値だけ。
検査結果をコレクションするのが
ある意味楽しみみたいになっている。

元気です。

【膠原病が原因と思われる状況】
・白血球数減少
・クンケル(ZTT)、チモール(TTT)高値
・LDLコレステロール高値
・血沈(赤沈)高値
 
| comments(0) | - | 12:00 | category: カラダのこと |
■ スポンサーサイト
| - | - | 12:00 | category: - |
コメント
コメントする









Selected Entry
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Log
2004年8月〜2009年12月
ドリコム分(ライブドア)
Search this site
Sponsored Links