ぽれぽれっと。

出会いがしらに感じたまま。
へっぽこヴォーカリストの日々徒然。

■過去ログ(2004年8月〜2009年12月)
http://lala-tambourine.dreamlog.jp/
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 時は来たり。 | main | 疑い続けてはや9年。 >>
■ インフルエンザですと。
150114_213103.jpg
「あら出ちゃいましたね、A型」

インフルエンザと診断されました。
問診で医師にも「違うと思う」と言われたけれど
陰性のお墨付きを貰って出社したかったので
敢えてお願いして検査したらこの結果。

一般的に言われているような熱の出方じゃなかったし
この瞬間まで私も違うと思っていたのでびっくり。

こういうパターンもあるということで記録です。

【1日目】日曜日
喉の痛みと鼻づまりと頭痛が始まって
でも熱もないし、いつもの風邪だと思って
買い置きの市販の風邪薬を飲んで1日中寝ている。

【2日目】月曜日・祝日
じわっと発熱、とは言えmaxで37度程度。
まぁインフルエンザではないだろうと思って
引き続き風邪薬を飲んで寝ている。
しかし喉・鼻・頭痛の諸症状は一向に改善せず
加えて全身の筋肉痛も始まる。

【3日目】火曜日・連休明け
どうしても起き上がれず仕事を休む。
飲み続けた風邪薬が、朝の分で終了。
夕方あたりから熱が上がり始めて38.2度。

基本的に熱が出にくい体質なので
これはちょっと怪しいかも...と疑い始める。
そう思うと熱以外の全身症状なんかは
限りなくインフルエンザっぽい気がしないでもない。
翌朝起きた時の体温で判断しようと思って寝る。

【4日目】水曜日
そして今朝、目が覚めた布団の中で37.2度。
インフルエンザでなければ出社できる身支度をして
とりあえず病院に行くことにする。

診察の時の検温で36.6度・・・すでに平熱。
まぁ九分九厘陰性だろうなと思いつつも
冒頭↑の理由で検査してもらう。

「あら出ちゃいましたね、A型」

ー発症して5日かつ解熱した翌日から
平熱で2日間経過した後、出勤可能ー

医師の診断では発症は発熱した昨日ということで
つまりもう今週は出勤できないということに。

会社に電話して薬もらって家に引き返す。

薬はよく聞く「タミフル」ではなく
「イナビル」という吸入薬を2キット。
処方後その場で吸入して終了。
インフルエンザの治療としてはこれだけらしい。
その他は喉、鼻の薬と、発熱時の頓服薬。

引きこもり用の食料を買い込んで帰る。

具合が悪いといくらでも寝ていられるもので
さすがに食欲はないけど薬を飲むためにご飯を食べて
寝て起きて寝て起きて。

今現在37.3度。
平熱ではないけど高熱でもない。
もともと熱が出にくい体質だから
それでも結構上がっている感じではある。

ふと気になってネットで検索してみる。
「インフルエンザ」「熱が出ない」

どうやら風邪薬を飲んだのが間違いだったらしい。

ウイルスと闘うリンパ球を活性化するために熱を上げる、
つまりリンパ球が戦いやすい状況を作るために発熱する。

風邪薬で発熱を抑えてしまっていた場合
発見が遅れてウイルスの増殖が進んでしまい
結果として諸症状が長引くと...

とほほ。

薬嫌いなら薬嫌いらしく薬を飲まずにいたら
サクッと発熱してしぶしぶ病院に行って
サクッと見つかってサクッと治っていたのかも。

いやその前に、ちゃんと予防策を講じるべきだった。
二酸化塩素の抗菌グッズは机に置いてたんだけど...
あらこんなの発見

▪️消費者庁News Release H26.3.27
二酸化塩素を利用した空間除菌を標ぼうするグッズ販売業者17社に対する景品表 示法に基づく措置命令について 

やっぱりキチンとうがい手洗いして
あとはマスク使用を億劫がらないことだね。

仕事の日以外、実はほとんど引きこもりだけど
今週はインフルエンザという大義名分のもとに
堂々と引きこもります。
| comments(0) | - | 21:32 | category: カラダのこと |
■ スポンサーサイト
| - | - | 21:32 | category: - |
コメント
コメントする









Selected Entry
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Log
2004年8月〜2009年12月
ドリコム分(ライブドア)
Search this site
Sponsored Links