ぽれぽれっと。

出会いがしらに感じたまま。
へっぽこヴォーカリストの日々徒然。

■過去ログ(2004年8月〜2009年12月)
http://lala-tambourine.dreamlog.jp/
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 要介護認定。 | main | 父の後ろ姿。 >>
■ 介護サービススタート。
5月17日に介護認定が出て
5月28日にケアマネージャーさんとケアプランの相談をして
6月7日にサービス担当者会議を開いて

そして今日6月9日、父の介護サービスがスタート。
初めてのデイサービスでした。

ケアプラン策定の段階では
「そんなことしてもらわなくていい」
とか
「それでなくても家のことやら庭のことで忙しいのに、時間を決められて拘束されるのは嫌だ」
とかまぁ、かなりの拒絶姿勢を見せたりしてたので、やっぱりちょっと不安だったのだけど、

昼前にケアマネージャーさんがお迎えの時や午前中の様子を報告してくださって、夕方父に電話したら声も明るくて、とにかく無事にスタートが切れたかなとホッと一安心。

あとはヘルパーさんに馴染んでもらえたら父の生活の不安がかなり減るので、私も月1回帰省するパターンで自分の生活リズムを取り戻せそう。

さてこれからの父の1週間は
月曜日:ヘルパーさんとお買い物
木曜日:デイサービス
金曜日:ヘルパーさんの家事援助
という3つが軸になります。

これに加えて父が自主的に、地域主催のサロンとか市が主催するセミナーとかに参加していて、それぞれ月1回なんだけど3つあればほぼ毎週何かあるみたいな感じで。

そして月1回の脳神経外科への通院。

もちろん一人暮らしなので日常の家事は全て一人でこなすし、ゴミ7分別というのも大変そうだし、庭も手を抜くとあっという間に雑草が生えてくる。

こんなに忙しかったらボケる暇ないですね(爆)

でもいいのです。
それこそが目的なのです。
「しないでいいよ」と言ってしなくなったら、あっという間に何も出来なくなりそうだから。


事務的な面は、サービス担当者会議のときに介護サービス業者ごとに重要事項の説明を受けて契約書を交わし
「居宅サービス計画書」
「6月分サービス利用票」

に私が署名捺印して完了。

「サービス利用票」は今後毎月、私が帰省したときに翌月分に署名捺印しなきゃいけないらしい。

「へぇ」と思ったのが、サービス料の支払い方法の選択に銀行引き落としがなかったこと。
業者によるのか地域の特性なのかわかんないけど、現金払い(集金)か銀行振込の2択だったのです。
お金の管理や支払うという行動も、当然出来る限り父本人にさせたいので父からの現金払いということにしたけれど、離れて暮している私にはちょっと不便な気がします。

父にとっても私にとっても、何はともあれスタートを切ったロックの日でした。
| comments(0) | - | 01:38 | category: 父。母。 |
■ スポンサーサイト
| - | - | 01:38 | category: - |
コメント
コメントする









Selected Entry
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Log
2004年8月〜2009年12月
ドリコム分(ライブドア)
Search this site
Sponsored Links