ぽれぽれっと。

出会いがしらに感じたまま。
へっぽこヴォーカリストの日々徒然。

■過去ログ(2004年8月〜2009年12月)
http://lala-tambourine.dreamlog.jp/
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 介護サービススタート。 | main | 今年のあれこれ。 >>
■ 父の後ろ姿。

介護サービスがスタートして2週間。

木曜日のデイサービスと金曜日のヘルーパーさんによる生活支援は、まぁ問題なく動き出したのだけれど、月曜日のヘルパーさんとの買い物がダメだった。

 

車がなくなったことで買い物が不便になったことを心配して、父の買い物に同行してもらえるようプランを組んだのだけれど、これに父が反発してきたのだ。

 

そんなことしてもらわなくてもちゃんと自分で買い物できるのだと。

 

仕事中でバタバタしてたのと、電話でゴネる父にちょっと頭にきたのもあってそのまま放置してたら、来てくださったヘルパーさんに自分で断ってしまったらしい。

ケアマネさんからすぐ報告があった。

 

ふう。

 

結局月曜日は、父が頼んだ場合のみ「同行」ではなく「代行」で、ヘルパーさんに買い物してきてもらう形に変更をした。

 

買い物同行は介護保険対象外かと思われたのだけど、ケアマネさんが市の担当者と協議してくださって、買い物を安全に遂行させるための介助ということで「身体介護」として介護保険サービス内で受けてもらえることになったプランだったのにな。

 

でもそれは私の心配を押し付けてただけだったのかも。

 

本人が自分の意思で、自分で努力してなんとかしようとしていることに関しては、いくら心配でも黙って見守るしかないことを改めて痛感した。

 

帰省するたびに、私が作ったバスの乗り方のファイルやあちこちに貼り付けた生活のためのメモを一生懸命活用してくれている形跡があって、それを見ていると泣きそうになる。

 

物忘れや、うまく処理できなくなってしまった色んなことに向き合いながらも、負けずにしっかり生活している姿は、やっぱりまだまだかなわないなと頼もしくも思う。

 

そして私に対して「ありがとう」と言うことがすごく多くなったように感じる。

 

そんな父の姿をしっかり胸に焼き付けておこうと思う。

| comments(0) | - | 23:53 | category: 父。母。 |
■ スポンサーサイト
| - | - | 23:53 | category: - |
コメント
コメントする









Selected Entry
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Log
2004年8月〜2009年12月
ドリコム分(ライブドア)
Search this site
Sponsored Links